対数正規分布は、確率変数の対数が正規分布である場合に使用します。確率変数が0より大きい場合に使用されます。たとえば、信頼性分析や金融分野(株価の動きのモデル化など)で使用されます。

対数正規分布は、位置パラメータと尺度パラメータによって定義される連続分布です。3-パラメータ対数正規分布は、位置、尺度、およびしきい値パラメータで定義されます。

対数正規分布の形状は、対数ロジスティック分布およびワイブル分布に似ています。たとえば、次のグラフは尺度= 1.0、位置= 0.0、およびしきい値= 0.0の対数正規分布です。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください