ロジスティック分布

ロジスティック分布を使用すると、正規分布よりも裾が長くて尖度が高いデータ分布をモデル化できます。

ロジスティック分布は、尺度パラメータと位置パラメータによって定義される連続分布です。ロジスティック分布には形状パラメータがありません。このため、確率密度関数の形状は1つだけとなります。ロジスティック分布の形状は、正規分布の形状に似ています。ただし、ロジスティック分布の方が裾が長くなります。
尺度パラメータの影響
次のグラフは、ロジスティック分布でのさまざまな尺度パラメータ値の影響を示しています。
位置パラメータの影響
次のグラフは、ロジスティック分布でのさまざまな位置パラメータ値の影響を示しています。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください