ラプラス分布は、データ分布の頂点が正規分布よりも鋭いときに使用します。たとえば、ラプラス分布は生物学、金融、および経済学用のデータをモデル化するために使用します。

ラプラス分布は、位置パラメータと尺度パラメータによって定義される連続分布です。次のグラフでは、ラプラス分布は点線で表され、正規分布は実線で表されます。

ラプラス分布は、二重指数分布とも呼ばれます。これは、一方が正で他方が負の2つの指数分布だと考えられているためです。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください