ガンマ分布を使用すると、右方向に歪み0より大きい正のデータ値をモデル化できます。ガンマ分布は、一般に信頼性/生存時間分析で使用されます。たとえば、電気部品の故障時期をガンマ分布で表すことができます。特定のタイプの電気部品のほとんどは同じ時期に故障しますが、故障するまでに長い時間がかかるものもあります。

ガンマ分布は、形状パラメータと尺度パラメータによって定義される連続分布です。3-パラメータガンマ分布は、形状、尺度、およびしきい値パラメータで定義されます。たとえば次のグラフでは、ガンマ分布は、しきい値を0.0に設定し、異なる形状値と尺度値で定義されます。ガンマ分布のほとんどの値は互いの周辺で発生していますが、一部の値は上裾にたなびいています。

形状パラメータが整数の場合、ガンマ分布はErlang分布と呼ばれることがあります。Erlang分布は、待ち行列理論の応用でよく使用されます。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください