Minitabに含まれているランダムデータと確率分布の機能

ランダムデータの生成
データ列または選択したデータ分布から1つ以上のランダムデータ列を作成できます。Minitabで、計算 > ランダムデータを選択します。
  • ワークシート内のデータからランダムサンプルを作成するには、列からのサンプルを選択します。
  • 特定の分布からランダムサンプルを作成するには、分布とパラメータを指定します。
乱数ジェネレータの指定
今後同じランダムデータセットが生成されるように、乱数ジェネレータの開始点を指定できます。Minitabで、計算 > 初期値の設定を選択します。
分布の確率密度関数、累積分布関数、または逆累積分布関数の計算
分布の確率密度関数、累積分布関数、または逆累積分布関数を計算できます。Minitabで、計算 > 確率分布を選択します。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください