ランダムデータの例

エンジニアが工程の変動性を実証するために、数列のランダム正規データを生成します。工程の平均は10、標準偏差は2です。各列が40行の5列のデータを正規分布から生成します。
ヒント

以下の表と同じサンプルを取得するには、ランダムサンプルを生成する前にランダムデータジェネレータの初期値を1に設定します。計算 > 初期値の設定を選択し、「1」と入力します。

  1. 計算 > ランダムデータ > 正規を選択します。
  2. 生成するデータ行の数に「40」と入力します。
  3. 次の列に保存に「C1 C2 C3 C4 C5」と入力します。
  4. 平均に「10」と入力します。
  5. 標準偏差に「2」と入力します。
  6. [OK]をクリックします。

結果

ランダムデータの列がワークシートに保存されます。

C1 C2 C3 C4 C5
         
10.0613 8.4648 7.9726 10.5831 9.8932
9.5264 7.1687 4.4360 11.3124 11.2211
7.6160 7.8190 11.1446 8.8531 9.3126
11.6369 11.6133 12.3594 10.9214 11.8148
8.1001 9.8552 8.8182 8.9463 9.5570
... ... ... ... ...
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください