確率のタイプを選択する

計算 > 確率分布を選択し、分布を選択します。
計算する分布に関する情報タイプを選択します。
確率密度
確率密度関数は、確率変数の値において高い確率と低い確率の領域を識別するために役立ちます。詳細は、確率密度関数(PDF)の使用を参照してください。
累積確率
累積分布関数(CDF)は、与えられたx値の累積確率を計算します。CDFを使用して、母集団から取得されたランダム観測値が特定の値以下である確率を判断します。この情報を使用して、観測値が特定の値以上、または2つの値間である確率も判断できます。詳細は、累積分布関数(CDF)の使用を参照してください。
逆累積確率
逆累積分布関数は、特定の累積確率に関連する値を計算します。逆累積分布関数を使用すると、特定の確率に関連する変数の値を得られます。詳細は、逆累積分布関数(ICDF)の使用を参照してください。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください