ブロックが含まれているかどうかにかかわらず、応答の最適化機能に同じ適合値が表示される理由

実験計画では、ブロックが計画行列の他の効果と直交している場合、応答の最適化機能(および等高線プロット)ではブロック効果の平均を使用して、適合値を計算します。これは、モデルにブロックが含まれていない場合に適合値を使用するのに似ています。

ブロックが計画行列の他の項と直交していない場合、応答の最適化機能(および等高線プロット)では、ブロック項が含まれるモデルの係数が使用されますが、ブロック項の係数は除外されます。Minitabで係数が除外されるのは、ブロック因子は制御できない変量因子または環境因子であると仮定され、応答を予測する際に指定しないためです。

ブロックが計画行列の他の効果と直交している場合、モデルにブロック項を含めても係数は変わりません。ただし、モデルにブロックを含めると、係数が1つ増えるため適合値が変化します。ブロックが他の効果と直交しない場合、モデルにブロック項を含めると係数が変化します。

要因分析と応答曲面分析では、ブロックはコード化されます。たとえば、2つのブロックがある場合、ワークシートのブロック列には1と2が含まれます。ただし、ブロック列は1と-1を使用して分析されます(計画行列のブロック列)。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください