応答の最適化機能で保存する統計量を選択する

Minitabでこの分析を実行するには、モデルの適合に使用したメニューから 応答の最適化機能 > 保存詳細は保存モデルの概要を参照してください。

分析によって得られる統計量は、その他の分析、グラフ、マクロで使用できるようにワークシートに保存することができます。Minitabでは、選択された統計量を最後のデータ列の後に保存します。保存列の名前の末尾は数字になっており、同じ統計量を複数回保存するごとに数値が大きくなります。

これらの設定に対する複合的望ましさ
複合的な望ましさの値をワークシートに保存します。
変数
モデルに含まれる全ての変数名が表示されます。この列に対して入力を行うことはできません。
計算の入力値が含まれる変数ごとに列を入力します。デフォルトでは、Minitabは、モデルを適合するために使用した列をリスト化します。列ごとに、1つの変数の値を含む必要があります。すべての列の行数は同じでなければなりません。連続変数の場合、数値または日付か時刻の値を列に含める必要があります。カテゴリ変数の場合、モデル適合に使用する値と一致する値を列に含める必要があります。望ましさの値は、列DESIRに保存されます。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください