回帰モデルを持つ予測の例

技術者は、太陽熱エネルギー試験の一部として、熱流束を測定します。あるエネルギーエンジニアは、東、南、北の焦点の位置によって、熱流束を予測する方法を調べようとしています。

技師は、回帰モデルを適合し、そのモデルを使用して、指定された設定で将来の観測値として可能性の高い値の範囲を計算します。

  1. サンプルデータを開きます熱エネルギー試験.MTW.
  2. 統計 > 回帰 > 回帰 > 予測を選択します。
  3. 応答から、熱流量を選択します。
  4. 表内の353416を入力します。
  5. OKをクリックします。

結果を解釈する

Minitabは、保存モデルを使用して、予測強度が258.242であることを計算します。予測区間は、1つの将来の観測値が239.882~276.601の範囲に分布することを技術者が95%信頼できることを示しています。

熱流量の予測

回帰式 熱流量 = 389.2 + 2.12 東 + 5.318 南 - 24.13 北
設定 変数 設定 東 35 南 34 北 16
予測 適合値の標 適合値 準誤差 95%信頼区間 95%予測区間 258.242 2.35414 (253.393, 263.090) (239.882, 276.601)
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください