重ね合わせ等高線プロットの等高線の値を定義する

Minitabでこの分析を実行するには、モデルの適合に使用したメニューから 重ね合わせ等高線プロット > 等高線詳細は保存モデルの概要を参照してください。
各応答に対し、等高線の最小値と最大値を定義する必要があります。応答の目標に対応する等高線を定義する必要があります。以下に、いくつかの例を示します。
  • 応答を最小化すること(小さいほどよい)が目標の場合、「再診」の減少点に下限側の値を設定したくなるかもしれません。「再診」の減少点は、特定の値を下回っても、差があまり大きくならない点です。「再診」の減少点がない場合は、非常に小さい、達成がほぼ不可能と思われる値にします。上限側の値には、許容できる最大値を使用します。
  • 応答を目標値に一致させることが目標の場合、応答に上側と下側の規格限界がある可能性があります。グラフは対応する因子設定に応答の平均値を表示するので、規格限界内の下限値と上限値を設定して、個々の観測値を確実に規格限界に分布させる必要があります。規格限界がないときは、上限と下限の「再診」の減少点を使用します。
  • 応答を最大化すること(大きいほどよい)が目標の場合、「再診」の減少点に上限側の値を設定したくなるかもしれません。「再診」の減少点は、特定の値を上回っても差があまり大きくならない点です。下限側には、許容できる最小値を指定します。

いずれの場合も、到達点とは、指定した2つの値の範囲内に応答が収まることです。

応答
重ね合わせ等高線プロットに表示するために指定する応答をリスト化します。
下限側
応答ごとに等高線の下限値を入力します。
上限側
応答ごとに等高線の上限値を入力します。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください