混合計画を持つ重ね合わせ等高線プロットの例

ある食品研究室の研究者たちがチーズフォンデュのレシピを改善して、風味を良くし、フォンデュに浸したパンに付くチーズの量を最大化し、なべ底に焦げ付く量を最小化しようとしています。研究者たちは、混合配合と配膳温度の効果を調べるため、極値頂点混合実験を計画します。

研究者がすべての応答変数のモデルを適合し、重ね合わせ等高線プロットを使用して、風味、量、焦げの3つの応答の値を受け入れ可能にする予測変数の設定を見つけます。

  1. サンプルデータを開きますフォンデュレシピモデル.MTW.
  2. 統計 > 実験計画法(DOE) > 混合 > 重ね合わせ等高線プロットを選択します。
  3. 応答で、風味、および焦げを、利用可能リストから選択済みリストに移動します。
  4. 選択された成分またはプロセス変数を軸として選択するで、3 成分を選択します。
  5. X軸で、エメンタールを選択します。Y軸グリュイエールを選択します。Z軸スープを選択します。
  6. 等高線をクリックします。
  7. 次の表に従って、下限側列と上限側列を入力します。
    下限側 上限側
    風味 80 100
    1.5 3
    焦げ 0 1.5
  8. 各ダイアログボックスでOKをクリックします。

結果を解釈する

フォンデュのデータの場合、Minitabは、適合応答変数を使用して、重ね合わせ等高線プロットを作成します。プロットの白いエリアは、風味、量、焦げの応答変数の適合値を十分なものにするエメンタール、グリュイエール、ブロスの比率の組み合わせを表示します。プロセス変数である温度はプロットに表示されません。Minitabは、温度を80で固定して、適合応答値を計算します。他の固定値を試して、プロットの変化を確認できます。

濃いグレーの等高線は、混合計画の計画空間を表します。白い実現可能領域は計画空間の外に及ぶので、注意が必要です。計画空間外で変数間の関係は不確実であるため、一般的に、計画空間にある比率を使用する必要があります。

重ね合わせ等高線プロットを応答の最適化機能と組み合わせて使用して、原料と最適温度の最適な比率を見つけることができます。

ヒント

このプロット上の予測変数の値とデータ点の応答に注釈を付けるには、フラグを立てるを使用します。フラグを立てるには、プロットを右クリックして、表示されるメニューのフラグを立てるを選択して、注釈を付けるプロット上のデータ点をクリックします。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください