要因計画プロットのデータを入力する

以下のステップを行い、主効果プロットと交互作用プロットに含まれる要因計画プロットを表示します。

このダイアログボックスは、データ適合に使用したモデルの種類によって変わります。

すべてのモデルタイプ(混合計画を除く)

  1. Minitabでこの分析を実行するには、モデルの適合に使用したメニューから 要因計画プロットたとえば、ポワソンモデルを適合した場合は 統計 > 回帰 > ポアソン回帰 > 要因計画プロット
  2. 応答から応答変数を選択します。

    リスト内にあるのは、同じ分析の中でも最新のモデルを持つ応答変数のみです。必要な応答を確認しない場合、モデルを再適合します。詳細は保存モデルの概要を参照してください。

  3. プロットに含める変数で、プロット内に含める必要がある変数を、利用可能リストから選択済みリストへ移動します。 想定される変数がいずれのリストにもない場合、項はモデルに含まれていません。
    • 利用可能:プロットに含めることができるモデル内の変数すべてをリスト化します。
    • 選択済み:プロットに含まれているすべての変数をリスト化します。選択済みリストには最大50個の変数をリスト化できます。
  4. 表示する項から、要因計画プロットに含める必要がある項を選択します。
    • モデル項のみ:モデル内の項のみでプロットを表示します。すべてのプロットが適合値を表示します。
    • すべての項選択済みリストにある変数が含まれるすべての項でプロットを表示します。モデルにない項については、プロットは、適合平均ではなくデータ平均を表示します。平均のタイプに関する詳細については、データ平均と適合平均を参照してください。
    たとえば、モデルではカテゴリ1カテゴリ2が指定され、これらの変数間の2因子交互作用は指定されないと仮定します。両方の項を選択済みに移動し、モデル項のみを選択した場合、交互作用は表示されません。ただし、すべての項を選択した場合、両方の項が選択されるので、カテゴリ1*カテゴリ2の交互作用プロットが表示されます。

混合計画

混合計画では、これらのプロットにはデータ平均のみが表示されます。

  1. 混合計画の主効果および交互作用プロットを表示するには、統計 > 実験計画法(DOE) > 混合 > 要因計画プロットを選択してください。
  2. 主効果プロットおよび交互作用プロット、またはそのうちのどちらかを選択して、選択したグラフに対応する設定ボタンをクリックします。

    3次元プロットを作成する場合、3次元プロットのデータを入力するを参照してください。

  3. 応答 (オプション)では、少なくとも1つの応答変数を選択します。
  4. プロットに含めるプロセス変数で、プロット内に含める必要がある変数を、利用可能リストから選択済みリストへ移動します。 想定される変数がいずれのリストにもない場合、項はモデルに含まれていません。
    • 利用可能:プロットに含めることができるモデル内の変数すべてをリスト化します。
    • 選択済み:プロットに含まれる変数をすべてリスト化します。選択済みリストに最大7個のプロセス変数をリスト化できます。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください