回帰式を持つ要因計画プロットの例

技術者は、太陽熱エネルギー試験の一部として、対日照量を測定します。あるエネルギーエンジニアは、東、南、北の焦点の位置によって、対日照量を予測する方法を調べようとしています。

技師は、回帰モデルを適合し、要因計画プロットを使用して効果の理解を深めます。

  1. サンプルデータを開きます熱エネルギー試験.MTW.
  2. 統計 > 回帰 > 回帰 > 要因計画プロットを選択します。
  3. 応答から、対日照量を選択します。
  4. プロットに含める変数で、、およびを、利用可能リストから選択済みリストに移動します。
  5. OKをクリックします。

結果を解釈する

交互作用プロットは、「東」と「南」の焦点設定を組み合わせることにより、対日照量の適合平均を示します。このプロットでは、線が平行ではないので、明らかに交互作用効果が示され、対日照量と「東」の関係が「南」の設定によって変わることを示します。回帰分析の結果は、東*南の交互作用効果が統計的に有意であることを示します。

「南」の値が大きい場合、「東」の値が増加すると、対日射量は増加します。その一方で、「南」の値が小さい場合、「東」の値が増加すると対日射量は減少します。

主効果プロットは、連続変数ごとの適合平均を示す一方で、モデル内の他の変数は定数のままであることを示します。線は水平ではないので、主効果は、これらの変数すべてに存在します。回帰分析の結果により、あらゆる主効果はすべて統計的に有意であることを確認します。ただし、交互作用効果は統計的に有意なので、主効果プロットは誤解を招く可能性があります。結果的に、交互作用効果を考慮することなく主効果を解釈することはできません。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください