要因計画を持つ要因計画プロットの例

ある建築製品製造会社の材料エンジニアが、新しい断熱材製品を開発しています。エンジニアは、断熱材の強度、密度、断熱値に影響を与える可能性のあるいくつかの因子を評価するために2水準完全実施要因計画実験を計画します。

技師は、要因計画モデルを適合し、要因計画プロットを使用して効果の理解を深めます。

  1. サンプルデータを開く、断熱材特性モデル.MTW.
  2. 統計 > 実験計画法(DOE) > 要因計画 > 要因計画プロットを選択します。
  3. 応答から、断熱性を選択します。
  4. プロットに含める変数で、材料射出温度冷却温度を、利用可能リストから選択済みリストに移動します。
  5. OKをクリックします。

結果を解釈する

交互作用プロットは、材料、射出温度、冷却温度の組み合わせと断熱値との適合平均を示します。このプロットは、線がすべて並行ではないためはっきりとした交互作用効果を示し、断熱値と各因子の関係が別な因子の設定によって変わることを示唆しています。要因計画の分析の結果は、材料*冷却温度と射出温度*冷却温度の交互作用効果が統計的に有意であることを示しています。

材料*冷却温度の交互作用のプロットは、計算式1の断熱の冷却温度の効果が計算式2よりも大きいことを示します。

断熱値と射出温度の関係は冷却温度によって変わります。製品が射出温度85で製造される場合、断熱値は両方の冷却温度とほぼ等しくなります。ただし、射出温度が100の場合、冷却温度はかなり異なる断熱値と関係します。射出温度100と冷却温度45は、最大の断熱値と関係があります。

主効果プロットは、カテゴリ変数の水準ごとの適合平均を表示します。線は水平ではないので、主効果はこれらの変数すべてに存在します。要因計画の分析の結果により、主効果がすべて統計的に有意であることを確認します。ただし、交互作用効果は統計的に有意なので、主効果プロットは誤解を招く可能性があります。結果的に、交互作用効果を考慮することなく主効果を解釈することはできません。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください