3次元プロットのデータに関する考慮事項

有効な結果が確実に得られるようにするため、分析の実行および結果の解釈時には、次のガイドラインを考慮してください。

ワークシートには、2水準要因計画または混合計画のいずれかを組み込む必要があります。
応答変数を入力しないと、計画を表す計画点だけを表示した3次元プロットが作成されます。
適合平均を表示する場合、まず要因計画の分析を使用する
3次元プロットでは、応答に適合する最新の要因計画モデルから適合平均を取得します。要因計画を分析しなかった場合、使用できるモデルが存在しません。保存モデルなしの場合、3次元プロットはデータ平均を表示します。詳細は、保存モデルの概要データ平均と適合平均の比較を参照してください。

混合計画の場合、3次元プロットにデータ平均だけが表示されるので、最初にモデルを適合する必要はありません。

モデルが分析の仮定を満たすかどうかを検証する
保存モデルが要因計画の分析の仮説を満たさない場合、3次元プロットは正確ではない可能性があります。詳細は、データに関する考慮事項と「要因計画の分析の主要な結果を解釈する」を参照してください。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください