等高線プロットの主要な結果を解釈する

等高線プロットを使用して、適合応答値がどのように2つの連続変数と関係するかをモデル式に基づいて確認します。等高線プロットでは、同じ応答値を有するすべての点がつながれて形成された2次元図により、一定の応答の等高線が作成されます。等高線プロットは、望ましい応答値と実施条件を確立する際に役立ちます。

等高線プロットには以下の要素が含まれます。
  • x軸とy軸上の予測変数。
  • 同じ適合応答値の点同士を結んだ等高線。
  • 適合応答値の範囲を表す色分けされた等高線領域。
Minitabが表示する適合応答値の種類は、モデル内の応答変数の種類によって変わります。Minitabは、以下の種類の適合値を表示します。
  • 長さや重さなどの、連続測度が含まれる応答変数の平均。
  • サンプルごとの欠陥数などの、ポアソン分布に従うカウント数が含まれる応答変数の平均。
  • 合格・不合格などの、2つの可能性がある結果が含まれる応答変数の確率。
  • 変動性の分析を使用して適合されるモデルの標準偏差。

等高線プロットには、2つの連続変数のみを含めることができます。モデルに3つ以上の連続変数がある場合、プロットに表示されていない各変数は一定に保たれます。モデルにカテゴリ変数がある場合もまた、カテゴリ変数は一定に保たれます。よって、これらのプロットは余剰変数の固定水準においてのみ有効です。 固定水準を変えると等高線も変化しますが、場合により非常に大きなものとなります。

等高線プロットにはワークシート内のデータを使用しません。その代わり、Minitabは、保存したモデルに基づいて等高線を推定します。等高線プロットの正確性は、モデルが変数間の本当の関係を表す度合いによって変わります。

混合計画の結果を解釈する方法の詳細については混合計画を持つ等高線プロットの例を参照してください。

ヒント

このプロット上の予測変数の値とデータ点の応答に注釈を付けるには、フラグを立てるを使用します。フラグを立てるには、プロットを右クリックして、表示されるメニューのフラグを立てるを選択して、注釈をつけるプロット上のデータ点をクリックします。予測を使用してこれらの点が異常かどうかを判断し、予測の精度を評価します。

主要な結果:等高線プロット

統計的に有意な2次項がモデルに含まれるので、等高線は曲線になります。

木綿の服の防皺性のレーティングの最大値は、プロットの右上隅にあり、ホルムアルデヒド濃度(Conc)と触媒比(Ratio)の両方の上限値に対応します。

防皺性のレーティングの最小値は、プロットの左下隅にあり、濃度と触媒比の両方の下限値に対応します。

3つ目と4つ目の予測変数である「硬化温度」(温度)と「時間」は、プロットには表示されません。防皺性の適合応答値を計算する際は、「温度」は140、「時間」は3.75で保たれています。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください