一般線形モデルを適合または混合効果モデルを適合を実行後に比較を使用して、グループ平均間の差が統計的に有意かどうかを判断し、その差を推定します。

たとえば、研究者が、大学教員の給与に関して得られる対象分野の効果と最も高い度合いを調べたいとします。一般線形モデルを適合後、研究者は比較を使用して、対象分野別の給与の差を調べます。

この分析では適合したモデルとワークシートに自動的に保存されたモデルが使用されます。詳細は、保存モデルの概要を参照してください。

この分析の場所

グループ平均を比較するには、統計 > 分散分析 > 一般線形モデル > 比較または統計 > 分散分析 > 混合効果モデル > 比較を選択します。

他の分析を使用する場合

カテゴリ因子が1つの場合、グループ平均を一元配置分散分析と比較することもできます。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください