時系列分析に共変量を含める、または回帰分析に相関時系列誤差を含める

Minitabには、相関時系列誤差が関係する共変量または回帰を使用する時系列分析用のアプリケーションは含まれていません。

ただし、Minitabを使用して上記のデータを分析することが可能です。たとえば、指定されたモデルが次のような場合です。

Yt = a0 + a1 X1t + a2 X2t + Et(ここで、Ytは応答変数、X1t、X2tは従属変数、およびEtは時系列です)。

  1. YtをX1tおよびX2tに対して回帰推定します。
  2. Minitabの時系列モデルでの結果の残差を分析します。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください