偏自己相関の遅れの数を指定する

統計 > 時系列分析 > 偏自己相関

最初に遅れ (Lag) の数のデフォルト値を試します。次に、プロットを調べた後で、遅れの数を増減することができます。
  • デフォルト数に長期のパターンが存在しない場合は、数を増やします。ただし、通常、自己相関の標準誤差を信頼できるのは最初のn/4の遅れに限られます。
  • プロット内の複雑さを軽減するには、数を減らします。

遅れ (Lag) の数に、時系列の各値と相関させる過去の値の数(k)を入力します。Minitabでは、遅れ1から遅れkにかけての相関を計算します。

たとえば、表にはワークシートでの遅れ1と遅れ2の状態が示されていますが、遅れの列を作成する必要はありません。「2」と入力すると、Minitabでは[変数]列と遅れ1の間の相関、および[変数]列と遅れ2の間の相関が計算されます。
変数 遅れ1 遅れ2
7.3 * *
4.9 7.3 *
6.5 4.9 7.3
3.8 6.5 4.9

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください