偏自己相関の遅れを解釈する

遅れは、順序データを区切る期間の数です。Minitabでは、遅れを使用して偏自己相関係数を計算します。遅れの最大数は、BoxとJenkinsの提唱によれば、観測値数が240より少ない系列の場合にはn/4、あるいは観測値数が240以上の系列の場合には+ 45です(ここで、nは観測値の数です)。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください