遅れ(Lag)の概要

遅れ(Lag)を使用して、特定の行数だけ時系列データを下にずらし、新しい列に保存します。Minitabにより、新しい列の最上部に欠損値記号*が挿入されます。欠損値になるかどうかは、遅れの長さによって決まります。遅れの列を使用して、カスタム分析とプロットを作成することができます。

この分析の場所

遅れを計算するには、統計 > 時系列分析 > 遅れ (Lag)を選択します。

代替グラフを使用する場合

時系列のデータ値間の階差を計算する場合は、階差を使用します。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください