信頼性において、生存確率とは指定した時間より長く生存するユニットの比率です。生存確率の推定値は、信頼性推定値とも呼ばれます。これらの値を使用すると、製品が信頼性要件を満たしているかどうかを判断したり、2つ以上のデザインの信頼性を比較したりできます。

たとえば、携帯電話製造会社が、構成部品の信頼性を加速寿命試験で分析するとします。70時間での生存確率は0.197736です。これは、70時間が経過した時点で、それらの部品のおよそ19.77%は故障していないことを示します。

プロビット分析では、生存確率は、特定のストレス水準で生存するユニットの比率を推定します。

たとえば、ある信頼性エンジニアが、電球にさまざまな電圧をかけ、800時間より前に電球が焼け切れるかどうかを記録しました。エンジニアは、117ボルトでの電球の生存確率を推定するためにプロビット分析を実行し、117ボルトで800時間以上電球が正常に機能する確率は0.7692であると特定しました。

累積故障確率は生存ではなく故障する尤度です。電球の例では、800時間までに117ボルトで故障する確率は1-0.7692=0.2308になります。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください