フィデューシャル信頼区間とは

フィデューシャル信頼区間とは、未知の母数をランダム変数とみなすフィデューシャル統計理論に基づく信頼区間です。フィデューシャル信頼区間は、主にプロビット分析で使われます。

100(x)%のフィデューシャル信頼区間の場合、母数が区間内に含まれる確率が(x)となります。

この解釈は、標準信頼区間の解釈とは根本的に異なります。標準信頼区間では母数がランダム変数ではなく固定値とみなされ、信頼区間自体はランダムサンプルから導出されるためにランダムとみなされています。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください