仮定されるパラメータに対する実証試験計画の感度を評価する

実証試験計画は一般的に、再設計されたシステムが改善されたことを示すために使用されます。この目的のために、頻繁に経験値を用いて形状パラメータ(ワイブル分布の場合)または尺度パラメータ(他の分布の場合)を推定できます。経験値は再設計による影響を受けないため、しばしば良好な推定値となります。ただし、パラメータの推定値が誤っている場合、実証試験計画の結果が不正確になります。Minitabで計算されるサンプルサイズや試験時間が必要な値よりも大きくなったり小さくなったりする場合があります。

仮定されるパラメータが含まれる可能性が高い範囲を使用してMinitabでの実証試験計画分析を繰り返すことを考慮すべきです。異なる分析からの結果は、仮定されるパラメータに対するサンプルサイズや試験時間の感度を特定するのに役立ちます。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください