成長曲線のパラメータの推定

故障データの評価にパラメトリック成長曲線を使用する際、Minitabではパラメータの推定に関する3つの方法を使用できます。
  • 最尤推定(MLE)
  • 条件付き最尤推定(CMLE)
  • 最小二乗推定(LSE)
次の表は、各推定法で使用できる機能をまとめたものです。
機能 MLE CMLE LSE
形状の正確な標準誤差および信頼区間 いいえ はい いいえ
形状の漸近標準誤差および信頼区間 はい いいえ いいえ
尺度の漸近標準誤差および信頼区間 はい いいえ いいえ
繰り返しによらない解法(データが複数のシステムからのものである場合も) いいえ はい はい
成長曲線間の推定値の比較 はい はい いいえ
区間データの使用 はい いいえ はい
形状が指定されている場合の使用 はい いいえ はい
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください