寿命データの回帰分析におけるモデル項の指定

次の項で寿命データの回帰分析モデルを適合できます。

  • 因子
  • 共変量
  • 交差と枝分かれ因子
  • 他の共変量または因子と交差する共変量、または因子内で枝分かれする共変量
メインダイアログボックスのモデルにモデル項を入力するには、次の規則を使用します。
  • *を使用して交互作用項を指定します。たとえば、A*Bは因子Aと因子Bの交互作用です。
  • ()を使用して枝分かれを示します。BがAの中で枝分かれしている場合は、B(A)と入力します。CがAとB両方の中で枝分かれしている場合は、C(A B)と入力します。丸括弧内の項は、常にモデルに含まれる項で、複数の項の間には空白を入れます。
  • |や!を使用してモデルにすべての因子と交互作用項が含まれることを示します。たとえば、A | B | Cのモデルには、A、B、C、A*B、A*C、B*C、およびA*B*Cが含まれます。
  • –を使用してモデルから項を削除します。たとえば、A | B | C - A*B*Cには、A*B*Cを除くすべての因子とその交互作用が含まれます。
  • モデルは階層型でなければなりません。階層モデルに階層が高い項が含まれている場合は、それより下方の階層のすべての交互作用項と、階層が高い項を構成する主効果がモデルに組み込まれます。たとえば、交互作用項A*B*Cを含むモデルがA、B、C、A*B、A*C、B*Cを含む場合、このモデルは階層型です。一方、A|B|C - A*Bは階層型ではありません。詳細については、寿命データの回帰分析モデルに対する制約を参照してください。
たとえば、寿命の回帰分析モデルにおいて、Aが因子で、Xが共変量であるとします。次の例では、モデルに異なる項を入力するために使用できる表記を示しています。
A X A*X
1つの因子と交差する1つの共変量を使用して完全モデルを適合します
A | X
1つの因子と交差する1つの共変量を使用する完全モデルを指定する別の方法
A X X*X
自身と交差して2次項になる共変量を使用してモデルを適合します
A X(A)
因子内で枝分かれする共変量を使用してモデルを適合します

モデル項を指定して列名に空白や特殊記号が含まれる場合、単一引用符で列名を囲みます。たとえば、列名がBrown sugarとWhite sugarの場合、 'Brown sugar' 'White Sugar' 'Brown sugar' * 'White Sugar'のように項を指定します。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください