保証予測の現在の保証請求の要約

Minitabでは、現在のデータに関して次の要約情報が表示されます。
  • 合計個数は、データ収集期間中に出荷された個数です。
  • 観測された故障数は、データ収集期間中に実際に発生した故障数(または保証請求数)の合計です。
  • 期待される故障数は、データ収集期間中に発生することが予測される故障数の合計です。期待される故障数と観測された故障数が大幅に異なる場合、選択した分布は、特に最小二乗推定法を使用する際に、データにうまくあてはまらない可能性があります。
  • 95%ポアソン信頼区間は、予測故障数の95%信頼区間です。
  • 将来の時間間隔で故障するリスクがある個数は、データ収集期間中に故障しなかった出荷数です。故障するリスクがある個数は、合計個数から観測された故障数を引いた数です。

出力例

現在の保証請求の要約 合計個数 12000 観測された故障数 69 期待される故障数 68.5201 95%ポアソン信頼区間 (53.2630, 86.7876) 将来故障するリスクがある個数 11931

解釈

コンプレッサーデータの場合、12,000個を出荷し、そのうち69個(保証請求の結果)が故障しました。モデルでは、95%信頼区間(53.2630~86.7876)により約69個の故障が予測されていました。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください