寿命データでの回帰分析の結果を保存する

統計 > 信頼性/生存時間 > 寿命データの回帰分析 > 保存

分析によって得られる結果は、その他の分析、グラフ、マクロで使用できるようにワークシートに保存することができます。Minitabでは、選択された結果を最後のデータ列の後に保存します。保存列の名前の末尾は数字になっており、同じ結果を複数回保存すると、この数字が大きくなります。

保存できる残差

通常
通常の残差を保存します。値は、RESI列に保存されます。
標準化
標準化残差を保存します。値は、SRES1列に保存されます。
Cox-Snell
Cox-Snell残差を保存します。値は、CSRE1列に保存されます。

保存できる推定された式の情報

推定された係数
推定された係数を保存します。値は、COEF1列に保存されます。
推定値の標準誤差
推定された係数の標準誤差を保存します。値は、SECO1列に保存されます。
係数に対する信頼限界
推定された係数の信頼限界を保存します。値は、CLCO1列とCLCO2列に保存されます。
分散/共分散行列
分散/共分散行列を保存します。行列は、VCCO1で保存されます。セッションウィンドウで行列を表示するには、データ > データの表示を選択してから、VCCO1を選択します。ワークシートで行列を表示するには、データ > コピー > 行列から列にを選択してから、VCCO1を選択します。
最後の反復に対する対数尤度
最後に実行した反復の対数尤度を保存します。値は、定数LOGL1として保存されます。セッションウィンドウで対数尤度を表示するには、データ > データの表示を選択してから、LOGL1を選択します。ワークシートで対数尤度を表示するには、データ > コピー > 定数から列にを選択してから、LOGL1を選択します。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください