分布関数は次のように要約されます。

分布 分布関数 平均 分散
ロジスティック
0 π2/ 3
正規
0 1
最小極値

(オイラー定数)

π2/ 6

ここでは、y(平均列)は0.5772、π(分散列)は3.14159です。

選択する分布関数はデータによって変わります。データによくあてはまる分布関数を選択する必要があります。確率プロットと適合度検定を使用し、異なる分布を用いて適合値を比較できます。特定の分布を、履歴面での理由から、またはその分野において特別な意味を持つことが理由で使用することもあります。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください