許容分布 - プロビット分析の推定

プロビットモデルでは、選択した累積分布関数によってストレス水準が故障確率にリンクされます。プロビットモデルは、選択した分布の形状と尺度(ワイブル分布)、または位置と尺度(他の全分布)により表すことができます。

特定のストレス水準でユニットが故障する確率は、ユニットの許容限界が特定のストレス水準より小さい確率であると言い換えることができます。これらの確率の分布は許容分布と呼ばれます。

出力例

パラメータ推定値 95.0%正規信頼区 間 パラメータ 推定 標準誤差 下限 上限 平均 692.416 18.3649 656.421 728.410 標準偏差 111.612 19.4518 79.3167 157.058

解釈

正規分布に従う風防ガラスデータの場合は、位置 = 692.416および尺度 = 111.612となります。許容分布では、特定の風防ガラスが破損するしきい値が特定の速度より小さくなる確率がモデル化されます。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください