百分位数表 - プロビット分析の95.0%フィデューシャル信頼区間

フィデューシャル信頼区間を使用すると、事前に決定された信頼性の基準を満たすストレス値の範囲を決定することができます。フィデューシャル信頼区間では、上限信頼限界と下限信頼限界で設定された範囲内のストレス水準で、特定のパーセントの単位が故障する95%信頼区間が得られます。

多くの場合は、信頼区間全体ではなく、上限または下限のみを調べます。95%信頼区間が得られる場合は、次のことがわかります。
  • ストレス変数は、95%の確率で区間内(上限と下限の間)に含まれる。
  • ストレス変数は、2.5%の確率で下限より下の領域に含まれる。
  • ストレス変数は、2.5%の確率で上限より上の領域に含まれる。

したがって、ストレス変数は97.5%の信頼度で(信頼区間95%+下限より下の領域2.5%)上限より下に含まれます。フィデューシャル信頼区間の詳細については、フィデューシャル信頼区間とはを参照してください。

出力例

百分位数表 95.0%フィデュー パーセ シャル信頼区間 ント 百分位数 標準誤差 下限 上限 1 432.767 45.8542 300.019 501.649 2 463.192 41.0355 345.266 525.291 3 482.496 38.0450 373.838 540.427 4 497.018 35.8391 395.242 551.902 5 508.830 34.0781 412.585 561.304 6 518.884 32.6067 427.289 569.364 7 527.699 31.3403 440.133 576.480 8 535.592 30.2277 451.589 582.896 9 542.771 29.2352 461.967 588.771 10 549.379 28.3398 471.482 594.217 20 598.480 22.4304 540.595 636.280 30 633.886 19.4337 587.639 669.400 40 664.139 18.1881 624.815 700.723 50 692.416 18.3649 656.409 733.152 60 720.692 19.8068 685.039 768.545 70 750.945 22.4716 713.104 808.979 80 786.351 26.5977 743.723 858.524 90 835.453 33.3805 783.926 929.497 91 842.060 34.3538 789.210 939.174 92 849.239 35.4233 794.925 949.712 93 857.132 36.6126 801.183 961.326 94 865.948 37.9558 808.140 974.328 95 876.002 39.5048 816.041 989.192 96 887.814 41.3455 825.280 1006.70 97 902.335 43.6350 836.585 1028.27 98 921.639 46.7171 851.535 1057.03 99 952.065 51.6465 874.954 1102.50

解釈

風防ガラスデータの場合、95%の信頼度で、風防ガラスの1%は300.019~501.649 mph(マイル/時)の速度範囲で破損すると言えます。つまり、同じ検定を繰り返し行うと、95%の確率で、風防ガラスの1%が300.019~501.649 mphの速度で破損します。

信頼限界でいうと、300.019 mph未満の速度では風防ガラスの1%が2.5%の確率で破損し、501.649 mphを超える速度では風防ガラスの1%が2.5%の確率で破損することが予測できます。

これにより、速度が下限速度の300.019 mph未満の場合は、97.5%の信頼度(95%+上限の領域2.5%)で風防ガラスの1%以下が破損すると言えます。これは、速度が300.019 mph未満の場合、97.5%の信頼水準で最低99%の風防ガラスが破損を免れることを意味します。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください