プロビット分析の逸脱残差対事象確率

逸脱残差対事象確率プロットを使用すると、適合されたプロビットモデルの妥当性を評価できます。逸脱残差プロットに異常なパターンまたはトレンドが見られる場合は、適合されたプロビットモデルが適切ではない可能性を示しています。

逸脱残差では、二項応答変数が考慮されていることに注意してください。応答変数は二項分布に従うため、通常単位の約50%が故障するときのストレス水準において変動性が最大となります。回帰や分散分析(ANOVA)などで使用される通常の残差では、二項応答変数による非定数値の分散は考慮されません。

出力例

解釈

風防ガラスデータの場合、逸脱残差はいかなる特定のパターンも呈しません。このため、プロットでは選択したプロビットモデルでの問題が示されません。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください