プロビット分析の累積故障プロット

製品の信頼性を製品がいつ故障するかで記述するために、累積故障プロットでは、特定のストレス水準以下のストレスで項目が故障する累積確率が表示されます。累積故障関数は、1 - 生存関数を表します。

  • 中心線は、推定された累積故障です。ポインターを曲線上に置くと、累積故障確率とストレス水準が表示されます。
  • 上限と下限は、特定のストレス水準で衝撃に耐えられる単位のパーセントについて、おおよそ95%の信頼区間を示しています。

出力例

解釈

風防ガラスデータの場合、速度830 mph(マイル/時)に到達するまでに破損する確率は約0.90です。つまり、約90%の風防ガラスが830 mphの速度で破損することを予測ができます。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください