保証データの前処理の概要

保証データの前処理を使用して生データを寿命データ分析の実行に適した形式に変換します。

信頼性フィールドデータは、しばしば複数の連続する時間間隔における出荷システム数と出荷したシステムのうち返品された数という形式で記録されます。異なる日付で複数回にわたって行われた出荷とそれに対応する返品数を記録すると、記録されたデータは通常三角行列形式でワークシートに表示されます。

三角行列形式でのデータの記録は便利ですが、この形式は故障時間分析で必要なデータ入力方法と互換性がありません。そのため、このコマンドを使用して、データを区間でグループ化される任意打ち切りデータに形式変換します。このコマンドの使用後、データが適切にワークシートに配置され、保証予測などの寿命データ分析を実行できます。

この分析の場所

前処理保証データを形式変換するには、統計 > 信頼性/生存時間 > 保証分析 > 保証データの前処理を選択します。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください