保証データの前処理のデータに関する考慮事項

データには各時間間隔に出荷された個数と返品された個数が示されます
データは、複数の連続する時間間隔における出荷システム数と出荷したシステムのうち返品された数を記録します。たとえば、自動車メーカーは年次で毎年出荷した車の合計台数と返品された合計台数を記録します。
データは三角行列形式になります
出荷ごとの返品台数が連続する時間間隔で記録される際に、以前の時間間隔で発生するデータの行または列はより長くなります。結果として、ワークシートのデータは直近の出荷に関連付けられたデータの最短の行または列とともに三角行列で表示されます。三角行列形式でのデータの表示形式の詳細については、保証データの前処理のデータを入力する1列にある出荷値を参照してください。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください