パラメトリック成長曲線の分析オプションを選択する

統計 > 信頼性/生存時間 > 修復可能システム分析 > パラメトリック成長曲線 > オプション
形状に対して初期推定値を使用する
分布モデルの形状に関する初期推定値がある場合は、すべての応答変数に適用する1つの列を入力するか、応答変数ごとに別の列を入力します。指定した初期推定値の数が応答列の数より少ない場合は、残りの変数には最後に指定した形状値が使用されます。
初期推定値が真の解決に近くない場合、最尤法による解では収束しないことがあります。アルゴリズムが解を収束しない場合は、適した開始値を指定できます。
最大反復数
正の整数を入力して、最大反復数を指定します。デフォルトは20です。Minitabでは、再帰的手法である修正されたNewton-Raphsonアルゴリズムを使用して、最尤推定値を計算します。収束するまでに最大反復数に達した場合、コマンドは終了します。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください