パラメトリック成長曲線におけるパラメトリックモデルの方法と計算式

トレンド検定

正確なデータの場合は、次の3つのトレンド検定を使用できます。

  • MIL-Hdbk-189(ミリタリーハンドブック検定)
  • ラプラス
  • Anderson-Darling

複数のシステムからの正確なデータの場合は、次のトレンド検定を使用できます。

  • MIL-Hdbk-189(合算)
  • MIL-Hdbk-189(TTTベース)
  • ラプラス(合算)
  • ラプラス(TTTベース)
  • Anderson-Darling

区間データの場合は、MIL-Hdbk-189検定のみが使用できます。

これらの検定の検定統計量を計算する方法の詳細についてはKvaloy and Lindqvist1を参照してください。

1 J.T. Kvaloy and B.H. Lindqvist (1998). "TTT-based Tests for Trend in Repairable Systems Data, Reliability Engineering and System Safety ,60, 13-28.
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください