アンダーソン-ダーリング~パラメトリック分布分析(任意打ち切り)の適合度統計量

アンダーソン-ダーリング(調整済み)統計量では、分布ごとの適合値を評価します。一般的には、アンダーソン-ダーリング値がかなり小さくなると、その分布がデータによりうまくあてはまることを示しています。ただし、差がわずかな場合、実質的な関連性はありません。また、異なる分布で計算された値は直接は比較できません。したがって、確率プロットや他の情報を使用して、分布適合値を評価する必要もあります。

別の推定法(最小二乗(LSXY)法)を使用する場合、アンダーソン-ダーリング統計量に加えて、ピアソン相関係数も計算されます。相関係数は、1以下の正の数です。一般的には、相関係数が大きくなるほど分布のデータ適合度が向上することを示します。

出力例

適合度 Anderson-Darling (調整済み) 7.278
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください