ノンパラメトリック成長曲線における個別の曲線の方法と計算式

平均累積関数(MCF)

平均累積関数は、すべてのシステムの故障やコストの平均累積数です。累積故障(または累積コスト)のこの測度を使用して、修理(または修理費)が増加しているか、減少しているか、または一定であるかを判断します。

平均累積関数の計算方法の詳細については、Meeker and Escobar1およびNelson2を参照してください。

平均累積関数(MCF)の標準誤差

標準誤差とは、MCFの標準偏差です。標準誤差は、推定値における変動性の測度です。

平均累積関数の標準誤差を計算する方法の詳細については、「Meeker and Escobar1 and Nelson2」を参照してください。

平均累積関数(MCF)の信頼限界

MCFが正の場合、MCFの信頼限界は次のようにして計算します。

表記

用語説明
推定された平均累積関数
平均累積関数の推定標準誤差
zα 100α %が信頼水準の場合での標準正規分布の(1 + α) / 2の百分位数
1 W.Q. Meeker and L.A. Escobar (1998).  Statistical Methods for Reliability Data. John Wiley & Sons, Inc.
2 W. Nelson (1982). Applied Life Data Analysis. John Wiley & Sons.
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください