ノンパラメトリック成長曲線の平均累積関数表

Minitabでは、ノンパラメトリック成長情報が、次のような要素を含む表形式で表示されます。
  • 時間: 継続的な故障(または修復)時間。
  • 平均累積関数: すべてのシステムを対象にした平均的な累積故障(または修復)数。コスト列を入力すると、すべてのシステムを対象にした平均的な累積修理費が計算されます。
  • 標準誤差: 平均累積関数の標準誤差。
  • 95%正規信頼区間: 平均累積関数の95%信頼区間の下限と上限。

ノンパラメトリック推定法では、平均累積関数の値は、故障が発生したときのみ変化します。

出力例

タイプ = 1に対する結果

システム: ID ノンパラメトリック推定値
平均累積関数表 平均累 95%正規信頼区間 シス 時間 積関数 標準誤差 下限 上限 テム 33 0.07143 0.068830 0.01081 0.47218 179 88 0.14286 0.093522 0.03960 0.51540 132 250 0.21429 0.109664 0.07859 0.58426 128 272 0.28571 0.120736 0.12481 0.65408 137 287 0.35714 0.128060 0.17686 0.72120 181 302 0.42857 0.132260 0.23407 0.78471 119 317 0.50000 0.133631 0.29613 0.84423 182 364 0.57143 0.132260 0.36303 0.89945 112 367 0.64286 0.128060 0.43506 0.94990 167 391 0.71429 0.157421 0.46374 1.10019 112 402 0.78571 0.149098 0.54168 1.13970 175 421 0.85714 0.170747 0.58008 1.26653 137 431 0.92857 0.158574 0.66444 1.29771 155 444 1.00000 0.174964 0.70969 1.40906 119 462 1.07143 0.158574 0.80165 1.43200 101 481 1.14286 0.137661 0.90253 1.44718 145 498 1.21429 0.149098 0.95456 1.54468 182 500 1.28571 0.187044 0.96675 1.70992 119 500 1.35714 0.191853 1.02872 1.79042 128 548 1.42857 0.219328 1.05735 1.93013 112 552 1.50000 0.242226 1.09304 2.05848 137 625 1.57143 0.280566 1.10744 2.22982 137 635 1.64286 0.259653 1.20522 2.23940 169 650 1.71429 0.256120 1.27912 2.29750 169 657 1.78571 0.270649 1.32679 2.40338 182 687 1.86264 0.266655 1.40692 2.46596 179 687 1.93956 0.260862 1.49012 2.52456 181 700 2.03047 0.254826 1.58771 2.59671 175 708 2.13047 0.274527 1.65498 2.74258 169 710 2.24158 0.268755 1.77214 2.83537 145 710 2.35269 0.257586 1.89833 2.91581 155 710 2.46380 0.240267 2.03516 2.98273 167 719 2.63047 0.347216 2.03084 3.40714 137 724 2.83047 0.425594 2.10800 3.80055 112 724 3.03047 0.443994 2.27405 4.03849 128 724 3.23047 0.410559 2.51818 4.14424 132 730 3.73047 0.471307 2.91221 4.77864 101 730 4.23047 0.410559 3.49769 5.11677 119

タイプ = 2に対する結果

システム: ID ノンパラメトリック推定値
平均累積関数表 平均累 95%正規信頼区間 シス 時間 積関数 標準誤差 下限 上限 テム 19 0.06667 0.064406 0.01004 0.44284 228 22 0.13333 0.087771 0.03670 0.48447 212 39 0.20000 0.103280 0.07269 0.55029 192 54 0.26667 0.114180 0.11521 0.61721 214 61 0.33333 0.121716 0.16295 0.68186 219 91 0.40000 0.157762 0.18465 0.86652 192 93 0.46667 0.159629 0.23869 0.91237 243 119 0.53333 0.207989 0.24834 1.14538 192 148 0.60000 0.263312 0.25386 1.41809 192 173 0.66667 0.261052 0.30945 1.43622 190 185 0.73333 0.274334 0.35227 1.52661 228 187 0.80000 0.269979 0.41289 1.55006 235 192 0.86667 0.264435 0.47658 1.57604 205 194 0.93333 0.257624 0.54335 1.60321 216 203 1.00000 0.249444 0.61330 1.63052 183 205 1.06667 0.257624 0.66442 1.71243 243 211 1.13333 0.264435 0.71738 1.79046 183 242 1.20000 0.269979 0.77210 1.86504 190 250 1.26667 0.257624 0.85023 1.88706 204 264 1.33333 0.277555 0.88664 2.00507 243 277 1.40000 0.295146 0.92615 2.11630 183 293 1.46667 0.280740 1.00786 2.13434 184 306 1.53333 0.324779 1.01238 2.32237 192 369 1.60000 0.309839 1.09468 2.33859 206 373 1.66667 0.335548 1.12325 2.47298 183 382 1.73333 0.319258 1.20810 2.48693 200 415 1.80000 0.342540 1.23962 2.61370 243 416 1.87143 0.340512 1.31007 2.67333 235 419 1.94835 0.338097 1.38662 2.73764 219 419 2.02527 0.349310 1.44435 2.83985 228 432 2.11618 0.347441 1.53391 2.91948 216 434 2.21618 0.345034 1.63337 3.00696 204 441 2.32729 0.341839 1.74512 3.10369 214 447 2.45229 0.337430 1.87262 3.21141 212 448 2.59515 0.331033 2.02109 3.33227 205 448 2.73801 0.315398 2.18466 3.43152 206 460 2.93801 0.298009 2.40832 3.58420 200 461 3.18801 0.449834 2.41776 4.20364 192 464 3.52134 0.511478 2.64893 4.68108 190 503 4.02134 0.535360 3.09778 5.22025 184 511 5.02134 0.535360 4.07443 6.18831 183

解釈

タイプ1ブレーキ部品では、平均累積関数は444日目で1.00000となります。つまり、444日目までに単一システムに必要な平均修理数は1です。エンジニアは、95%の信頼性をもって、444日目までの平均修理数が0.70969~1.40906の区間に収まると判断できます。

タイプ1ブレーキ部品を持つシステムがすべて730日目で離脱する場合、各システムの平均修理数は4.23047です。エンジニアは、95%の信頼性をもって、730日目の離脱までのシステムの平均修理数が3.49769~5.11677の区間に収まると判断できます。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください