ノンパラメトリック成長曲線の平均累積差関数表

Minitabでは、ノンパラメトリック成長情報が、次のような要素を含む表形式で表示されます。
  • 時間: 継続的な故障(または修復)時間。
  • 平均累積差関数: すべてのシステムを対象にした平均的な故障(または修復)数のグループ間の差。コスト列を入力する場合、すべてのシステムを対象にした平均的な累積修理費のグループ間の差が計算されます。
  • 標準誤差: 平均累積差関数の標準誤差。
  • 95%正規信頼区間: 平均累積差関数の95%信頼区間の下限と上限。

ノンパラメトリック推定法では、平均累積差関数の値は、故障が発生したときのみ変化します。

出力例

比較: (タイプ = 1) - (タイプ = 2)

平均累積差関数表 平均累積 95%正規信頼区間 時間 差関数 標準誤差 下限 上限 19 -0.06667 0.064406 -0.19290 0.05957 22 -0.13333 0.087771 -0.30536 0.03869 33 -0.06190 0.111541 -0.28052 0.15671 39 -0.12857 0.124114 -0.37183 0.11469 54 -0.19524 0.133322 -0.45654 0.06607 61 -0.26190 0.139830 -0.53597 0.01216 88 -0.19048 0.153496 -0.49132 0.11037 91 -0.25714 0.183399 -0.61660 0.10231 93 -0.32381 0.185008 -0.68642 0.03880 119 -0.39048 0.228047 -0.83744 0.05649 148 -0.45714 0.279427 -1.00481 0.09052 173 -0.52381 0.277299 -1.06730 0.01969 185 -0.59048 0.289837 -1.15855 -0.02241 187 -0.65714 0.285719 -1.21714 -0.09714 192 -0.72381 0.280486 -1.27355 -0.17407 194 -0.79048 0.274074 -1.32765 -0.25330 203 -0.85714 0.266399 -1.37928 -0.33501 205 -0.92381 0.274074 -1.46099 -0.38663 211 -0.99048 0.280486 -1.54022 -0.44073 242 -1.05714 0.285719 -1.61714 -0.49714 250 -1.05238 0.279994 -1.60116 -0.50360 264 -1.11905 0.298435 -1.70397 -0.53413 272 -1.04762 0.302679 -1.64086 -0.45438 277 -1.11429 0.318886 -1.73929 -0.48928 287 -1.04286 0.321731 -1.67344 -0.41228 293 -1.10952 0.308568 -1.71431 -0.50474 302 -1.03810 0.310335 -1.64634 -0.42985 306 -1.10476 0.350677 -1.79208 -0.41745 317 -1.03333 0.351196 -1.72166 -0.34500 364 -0.96190 0.350677 -1.64922 -0.27459 367 -0.89048 0.349114 -1.57473 -0.20622 369 -0.95714 0.335260 -1.61424 -0.30004 373 -1.02381 0.359155 -1.72774 -0.31988 382 -1.09048 0.343985 -1.76467 -0.41628 391 -1.01905 0.355960 -1.71672 -0.32138 402 -0.94762 0.352358 -1.63823 -0.25701 415 -1.01429 0.373582 -1.74649 -0.28208 416 -1.08571 0.371724 -1.81428 -0.35715 419 -1.23956 0.379800 -1.98395 -0.49517 421 -1.16813 0.388808 -1.93018 -0.40608 431 -1.09670 0.383618 -1.84858 -0.34482 432 -1.18761 0.381917 -1.93616 -0.43907 434 -1.28761 0.379729 -2.03187 -0.54336 441 -1.39872 0.376828 -2.13729 -0.66015 444 -1.32729 0.384013 -2.07995 -0.57464 447 -1.45229 0.380094 -2.19726 -0.70733 448 -1.73801 0.360677 -2.44492 -1.03109 460 -1.93801 0.345574 -2.61532 -1.26070 461 -2.18801 0.482663 -3.13401 -1.24201 462 -2.11658 0.476966 -3.05142 -1.18174 464 -2.44991 0.535496 -3.49947 -1.40036 481 -2.37849 0.529680 -3.41664 -1.34033 498 -2.30706 0.532767 -3.35126 -1.26285 500 -2.16420 0.546276 -3.23488 -1.09352 503 -2.66420 0.568698 -3.77883 -1.54957 511 -3.66420 0.568698 -4.77883 -2.54957 548 -3.59277 0.578546 -4.72670 -2.45884 552 -3.52134 0.587608 -4.67303 -2.36965 625 -3.44991 0.604423 -4.63456 -2.26527 635 -3.37849 0.595004 -4.54467 -2.21230 650 -3.30706 0.593471 -4.47024 -2.14387 657 -3.23563 0.599884 -4.41138 -2.05988 687 -3.08178 0.595533 -4.24900 -1.91456 700 -2.99087 0.592914 -4.15296 -1.82878 708 -2.89087 0.601644 -4.07007 -1.71167 710 -2.55754 0.586803 -3.70765 -1.40743 719 -2.39087 0.638098 -3.64152 -1.14022 724 -1.79087 0.674662 -3.11319 -0.46856 730 -0.79087 0.674662 -2.11319 0.53144

解釈

ブレーキ信頼性データの場合、平均累積差関数は211日目で−0.99048です。つまり、211日目までに単一システムに必要な平均修理数は、タイプ1ブレーキ部品よりタイプ2ブレーキ部品のほうがほぼ1多くなります。エンジニアは、95%の信頼性をもって、この差が−1.54022~−0.44073に収まると判断できます。

これらのデータでは、511日目でタイプ2ブレーキ部品、730日目でタイプ1ブレーキ部品によって、すべてのシステムが離脱したことになります。511日目で、2種類のブレーキ部品における各システムの平均修理数の差は−3.66420です。エンジニアは、95%の信頼性をもって、平均故障数の真の差が−4.77883~−2.54957の区間に収まると判断できます。信頼区間に0は含まれないため、511日目でのタイプ2部品によってすべてのシステムが離脱するまでに必要な平均修理数において、2種類のブレーキ部品間に大きな差があります。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください