ノンパラメトリック分布分析(右打ち切り)における分布の特性の方法と計算式

Log-Rank検定

Minitabでは、Wilcoxon検定とともにLog-Rank検定を使用しており、生存関数が有意に異なるかどうかを評価します。Log-Rank検定では、各故障時間での生存曲線間の実際の故障数と期待される故障数が比較されます。

計算式

カイ二乗統計量は、Log-Rank統計量の平方で計算されます。p値がαより小さい場合は、生存曲線が有意に異なることを示しています。

表記

用語説明
nj 時間jでのリスクのある数
d1 j 時間jでのグループ1の故障数
e1 j 時間jでのグループ1の予測事象数
r すべてのグループのすべての個別回数の合計

Wilcoxon検定

Minitabでは、Log-Rank検定とともにWilcoxon検定を使用しており、生存関数が有意に異なるかどうかを評価します。Wilcoxon検定は、各時点でまだ正常に機能している項目数で重み付けられたLog-Rank検定です。Wilcoxon検定は初期故障時間により重みをつけているため、その後に発生する差異にLog-Rank検定ほど影響を受けません。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください