ノンパラメトリック分布分析(任意打ち切り)のTurnbull推定法

故障確率 - Turnbull推定法

故障確率では、各区間について、その区間で製品が故障する確率を得られます。この情報を使用して、次のことを判断します。
  • 故障の大半がどの区間で発生しているか
  • 故障が多くの時間区間に広がっているか、または少数の区間に集中しているか

ノンパラメトリック推定は特定の分布に依存しないため、データにあてはまる分布がない場合に使用すると便利です。

出力例

Turnbull推定値 区間 下限 上限 故障確率 標準誤差 20000 30000 0.002860 0.0016488 30000 40000 0.010486 0.0031451 40000 50000 0.032412 0.0054678 50000 60000 0.102955 0.0093830 60000 70000 0.170639 0.0116151 70000 80000 0.248808 0.0133481 80000 90000 0.231649 0.0130259 90000 * 0.200191 *

解釈

新しいマフラーデータの場合、新型マフラーの0.248808(24.8808%)が区間70,000~80,000マイルで故障しました。

生存確率 – Turnbull推定法

生存確率とは、製品が特定時間まで正常に機能する確率を指します。これらの値を使用すると、製品が信頼性要件を満たしているかどうかを判断したり、2つ以上の製品デザインの信頼性を比較したりできます。

出力例

生存確率表 95.0%正規信頼区間 時間 生存確率 標準誤差 下限 上限 30000 0.997140 0.0016488 0.993909 1.00000 40000 0.986654 0.0035430 0.979710 0.99360 50000 0.954242 0.0064517 0.941597 0.96689 60000 0.851287 0.0109856 0.829756 0.87282 70000 0.680648 0.0143949 0.652435 0.70886 80000 0.431840 0.0152936 0.401865 0.46181 90000 0.200191 0.0123546 0.175976 0.22441

解釈

新しいマフラーデータの場合、新型マフラーの0.954242(95.4242%)は少なくとも50,000マイルまで正常に機能します。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください