ノンパラメトリック分布分析(任意打ち切り)の多重故障モード分析(Turnbull推定法)

故障確率~多重故障モード分析(ターンブル推定法)

故障確率では、各区間について、その区間で製品が故障する確率を得られます。この情報を使用して、次のことを判断します。
  • 故障の大半がどの区間で発生しているか
  • 故障が多くの時間区間に広がっているか、または少数の区間に集中しているか
  • 各区間でどの故障モードがより優勢か

出力例

変数の開始:開始 終了: 終了 度数: 度数 故障モード: 故障 = ベアリング
Turnbull推定値 区間 下限 上限 故障確率 標準誤差 45000 50000 0.060606 0.0293704 55000 60000 0.097179 0.0376876 65000 70000 0.137505 0.0450962 75000 80000 0.108417 0.0417053 85000 90000 0.057706 0.0322684 90000 * 0.538587 *
変数の開始:開始 終了: 終了 度数: 度数 故障モード: 故障 = ガスケット
Turnbull推定値 区間 下限 上限 故障確率 標準誤差 * 30000 0.037037 0.0209836 30000 40000 0.061728 0.0267402 45000 50000 0.091430 0.0329296 55000 60000 0.057843 0.0280484 65000 70000 0.051270 0.0287739 75000 80000 0.040040 0.0276666 85000 90000 0.044044 0.0303367 90000 * 0.616608 *
変数の開始:開始 終了: 終了 度数: 度数 故障モード: 故障 = ベアリング, ガスケット
Turnbull推定値 区間 下限 上限 故障確率 標準誤差 * 30000 0.037037 0.0209836 30000 40000 0.061728 0.0267402 40000 50000 0.135802 0.0380643 50000 60000 0.123457 0.0365512 60000 70000 0.135802 0.0380643 70000 80000 0.098765 0.0331496 80000 90000 0.061728 0.0267402 90000 * 0.345679 *

解釈

ウォーターポンプデータの場合
  • ウォーターポンプの9.72%(0.097179)は、ベアリング問題のため区間55,000~60,000マイルで故障しました
  • ウォーターポンプの5.78%(0.057843)は、ガスケット問題のため区間55,000~60,000マイルで故障しました
  • ウォーターポンプの12.35%(0.123457)は、いずれかの理由のため区間50,000~60,000マイルで故障しました

生存確率~多重故障モード分析(ターンブル推定法)

生存確率とは、製品が特定時間まで正常に機能する確率を指します。生存確率を使用して以下を行います。
  • 製品が信頼性要件を満たすかどうかを判断する
  • 複数の製品設計の信頼性を比較する

出力例

変数の開始:開始 終了: 終了 度数: 度数 故障モード: 故障 = ベアリング
生存確率表 95.0%正規信頼区間 時間 生存確率 標準誤差 下限 上限 50000 0.939394 0.0293704 0.881829 0.996959 60000 0.842215 0.0458749 0.752302 0.932128 70000 0.704711 0.0587451 0.589572 0.819849 80000 0.596294 0.0642532 0.470360 0.722228 90000 0.538587 0.0661109 0.409012 0.668162
変数の開始:開始 終了: 終了 度数: 度数 故障モード: 故障 = ガスケット
生存確率表 95.0%正規信頼区間 時間 生存確率 標準誤差 下限 上限 30000 0.962963 0.0209836 0.921836 1.00000 40000 0.901235 0.0331496 0.836262 0.96621 50000 0.809805 0.0442752 0.723027 0.89658 60000 0.751962 0.0496685 0.654613 0.84931 70000 0.700692 0.0543920 0.594085 0.80730 80000 0.660652 0.0581878 0.546606 0.77470 90000 0.616608 0.0620861 0.494922 0.73829
変数の開始:開始 終了: 終了 度数: 度数 故障モード: 故障 = ベアリング, ガスケット
生存確率表 95.0%正規信頼区間 時間 生存確率 標準誤差 下限 上限 30000 0.962963 0.0209836 0.921836 1.00000 40000 0.901235 0.0331496 0.836262 0.96621 50000 0.765432 0.0470809 0.673155 0.85771 60000 0.641975 0.0532688 0.537570 0.74638 70000 0.506173 0.0555513 0.397294 0.61505 80000 0.407407 0.0545946 0.300404 0.51441 90000 0.345679 0.0528432 0.242108 0.44925

解釈

ウォーターポンプデータの各故障モードの生存確率は、次のとおりです。
  • ウォーターポンプの84%(0.842215)は、ベアリング故障なしで少なくとも60,000マイルまで正常に機能しました。
  • ウォーターポンプの75%(0.751962)は、ガスケット故障なしで少なくとも60,000マイルまで正常に機能しました。
  • ウォーターポンプの64%(0.641975)は、両方の故障モードで少なくとも60,000マイルまで正常に機能しました。

ウォーターポンプの信頼性向上に最大の影響を与えるには、技師はガスケットの改善に集中する必要があります。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください