ノンパラメトリック分布分析(任意打ち切り)の例

ある信頼性エンジニアが、新しいタイプのマフラーの信頼性を評価し、50,000マイル保証に対して予想される保証請求の比率を推定します。エンジニアは古いタイプのマフラーと新しいタイプのマフラー両方の故障データを収集します。マフラーは、故障がないかどうか10,000マイルごとに点検されました。

エンジニアは10,000マイルごとの故障数を記録します。したがって、このデータは任意打ち切りです。ノンパラメトリック分布分析(任意打ち切り)を使用してさまざまな距離での故障確率を調べ、50,000マイル以上正常に動作し続けるマフラーの割合を推定します。また、エンジニアは分析で得られた対応する結果をパラメトリック分析を使用して検証したいと考えています。

  1. サンプルデータを開く、マフラーの信頼性.MTW.
  2. 統計 > 信頼性/生存時間 > 分布分析(任意打ち切り) > ノンパラメトリック分布分析を選択します。
  3. 開始変数に、開始(旧) 開始(新)を入力します。
  4. 終了変数に、終了(旧) 終了(新)を入力します。
  5. 度数列 (オプション)に、度数(旧) 度数(新)を入力します。
  6. OKをクリックします。

結果を解釈する

エンジニアはTurnbull推定値表を使用して、さまざまなマイル距離区間での故障の確率を判断できます。旧型マフラーの場合、約19.3%が50,000~60,000マイルの間に故障し、約10.3%が50,000~60,000マイルの間に故障することが予測されます。

少なくとも50,000マイルで正常に機能するマフラーの比率を判断することもできます。古いマフラーでは50,000マイル以降の生存確率は約75.3%です。新しいマフラーでは50,000マイル以降の生存確率は約95.4%です。これらの確率は、エンジニアがワイブル分布でパラメトリック分析を使用して得た結果と一致します。

分布分析、開始= 開始(旧)および終了= 終了(旧)

変数の開始:開始(旧) 終了: 終了(旧) 度数: 度数(旧)
打ち切り 打ち切り情報 計数 右打ち切り値 83 区間打ち切り値 965 左打ち切り値 1
Turnbull推定値 区間 下限 上限 故障確率 標準誤差 * 10000 0.000953 0.0009528 10000 20000 0.005720 0.0023284 20000 30000 0.026692 0.0049766 30000 40000 0.075310 0.0081477 40000 50000 0.138227 0.0106563 50000 60000 0.192564 0.0121746 60000 70000 0.228789 0.0129693 70000 80000 0.135367 0.0105629 80000 90000 0.117255 0.0099333 90000 * 0.079123 *
生存確率表 95.0%正規信頼区間 時間 生存確率 標準誤差 下限 上限 10000 0.999047 0.0009528 0.997179 1.00000 20000 0.993327 0.0025137 0.988400 0.99825 30000 0.966635 0.0055448 0.955767 0.97750 40000 0.891325 0.0096094 0.872491 0.91016 50000 0.753098 0.0133137 0.727004 0.77919 60000 0.560534 0.0153241 0.530499 0.59057 70000 0.331745 0.0145374 0.303252 0.36024 80000 0.196378 0.0122655 0.172338 0.22042 90000 0.079123 0.0083342 0.062788 0.09546

分布分析、開始= 開始(新)および終了= 終了(新)

変数の開始:開始(新) 終了: 終了(新) 度数: 度数(新) * 注 * 8つのケースが使用されました * 注 * 2ケースに欠損値が含まれていたか、度数がゼロでした。
打ち切り 打ち切り情報 計数 右打ち切り値 210 区間打ち切り値 839
Turnbull推定値 区間 下限 上限 故障確率 標準誤差 20000 30000 0.002860 0.0016488 30000 40000 0.010486 0.0031451 40000 50000 0.032412 0.0054678 50000 60000 0.102955 0.0093830 60000 70000 0.170639 0.0116151 70000 80000 0.248808 0.0133481 80000 90000 0.231649 0.0130259 90000 * 0.200191 *
生存確率表 95.0%正規信頼区間 時間 生存確率 標準誤差 下限 上限 30000 0.997140 0.0016488 0.993909 1.00000 40000 0.986654 0.0035430 0.979710 0.99360 50000 0.954242 0.0064517 0.941597 0.96689 60000 0.851287 0.0109856 0.829756 0.87282 70000 0.680648 0.0143949 0.652435 0.70886 80000 0.431840 0.0152936 0.401865 0.46181 90000 0.200191 0.0123546 0.175976 0.22441
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください