推定試験計画の解釈要約

推定試験計画を使用すると、指定された精度での、百分位数または信頼性の推定に必要なサンプルサイズを決定できます。

推定試験計画は、古典的なサンプルサイズ問題と似ていますが、通常はデータが打ち切られるために、計算が集中的に行われます。推定試験計画では、右打ち切り、区間打ち切りのデータを使用できます。

データの説明

新しいタイプの断熱材を開発し、下限から推定値までの距離が100、200、および300時間以内で、10番目の百分位数の推定に必要なサンプルサイズを決定するものとします。この推定を行うために、小さなサンプルを1000時間試験します。

次の計画情報があります。

  • 試験の最初の500時間で、サンプルの約12%が故障すると期待されます。
  • 1000時間までに、サンプルの約20%が故障すると期待されます。
  • 断熱材の故障時間は、ワイブル分布に従います。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください