推定試験計画の概要

推定試験計画を使用して、指定した精度で百分位数または信頼性の値を推定するために必要な試験ユニット数を決定します。

推定試験計画を使用すると、次のような問題の解答を得られます。
  • 95%の下側信頼限界値を推定値から100時間以内として、10番目の百分位数を推定するには、何個のユニットを試験する必要があるか
  • 5,000ポンドの力でのケーブルの生存確率を予測するために故障まで何本のケーブルを試験する必要があるか

信頼性データを収集する前に推定試験計画が実行され、これにはデータの分布に関する事前情報が必要になります。

この分析の場所

推定試験計画を作成するには、統計 > 信頼性/生存時間 > 試験計画 > 推定を選択します。

他の分析を使用する場合

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください