実証試験計画における実証試験の方法と計算式

信頼性が提供されている

時間と信頼性について信頼性の到達点を指定する場合、まず次の表にある指定された分布を求める計算式を使用して実証するパラメータを計算します。

次に、実証試験のケースと同じ方法で試験時間やサンプルサイズを計算します。

分布(パラメータ) 実証するパラメータ
ワイブル(尺度)
指数(平均)

最小極値(位置)

正規(平均)

ロジスティック(平均)

対数正規(対数-位置)

対数ロジスティック(対数-位置)

表記

用語説明
t時間
R(t)信頼性関数
θ尺度(ワイブル)または平均(指数)
β形状パラメータ(ワイブル)
σ尺度パラメータ(対数正規、対数ロジスティック、ロジスティック、正規、最小極値)
μ平均(正規、ロジスティック)または対数-位置(対数正規、対数ロジスティック)
Φ-1 対応する分布の逆CDF

P番目の百分位数が提供されている

P番目の百分位数(tp)について信頼性の到達点を指定する場合、まず次の表にある指定された分布を求める計算式を使用して実証するパラメータを計算します。

次に、実証試験のケースと同じ方法で試験時間やサンプルサイズを計算します。

分布(パラメータ) 実証するパラメータ
ワイブル(尺度)
指数(平均)

最小極値(位置)

正規(平均)

ロジスティック(平均)

対数正規(対数-位置)

対数ロジスティック(対数-位置)

表記

用語説明
t時間
R(t)信頼性関数
p百分位数
α尺度(ワイブル)
θ 平均(指数)
μ平均(正規、ロジスティック)、位置(最小極値)、または対数-位置(対数正規、対数ロジスティック)
Φ-1 対応する分布の逆CDF

MTTFを使用できる

MTTFについて信頼性の到達点を指定する場合、まず次の表にある指定された分布を求める計算式を使用して実証するパラメータを計算します。

次に、実証試験のケースと同じ方法で試験時間やサンプルサイズを計算します。

分布(パラメータ) 実証するパラメータ
ワイブル(尺度)
指数(平均)

正規(平均)

ロジスティック(平均)

対数正規(対数-位置)

対数ロジスティック(対数-位置)

最小極値(位置)

表記

用語説明
α尺度(ワイブル)
σ尺度(対数正規、対数ロジスティック、最小極値分布)
β形状(ワイブル)
θ 平均(指数)
μ平均(正規、ロジスティック)、位置(最小極値)、または対数-位置(対数正規、対数ロジスティック)
MTTF平均故障時間
cオイラー定数 ≈ 0.5772
Γガンマ関数
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください