実証試験計画における信頼性試験の方法と計算式

試験時間

再計画したシステムが大幅に改良されたことを実証するための最低成分数Nにかかる各システムの試験時間は、100(1 – α)%の信頼水準で次のように計算されます。

表記

用語説明
t時間
m故障数
α有意水準(アルファ)、1と等しい – 信頼水準
N試験する最低成分数
R0区間(0、1)に限定した解
R–1(t) 逆信頼性関数

サンプルサイズ

再計画したシステムが大幅に改良されたことを実証するための最低システム数は、100(1 – α)%の信頼水準で次のように計算されます。

表記

用語説明
t時間
m故障数
α有意水準(アルファ)、1と等しい – 信頼水準
N試験する最低システム数
R(t)信頼性関数
R–1(t) 逆信頼性関数
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください